MENU

Q.夜にお金を借りることはできますか?

 

夜になって、明日どうしてもお金が必要なことに気が付いたのですが、夜8時の今から申込んでお金を借りることはできますか?

 

 

A.夜でも借りれます!

結論から言いますと、夜の8時であれば今から申込んでもお金を借りることができる可能性はあります。

 

OK夜でもお金を借りることができます
夜でも借りれる可能性あり

夜にお金を借りる方法とは?

まず、大手消費者金融ならネットからの申込は24時間受け付けており、かつ審査業務は夜の9時か10時頃までやっています。

 

審査は、必要な提出書類が揃っていれば、おおむね30分〜1時間くらいで結果が出ますので、審査に通ればカードを無人契約機で発行するか、金融会社指定の銀行口座への振込キャッシングをすれば良いわけです。

 

必要な提出書類とは、免許証などの本人確認書類と、最新の源泉徴収票などの収入証明書類ですが、利用希望金額が50万円以下なら収入証明は必要ありません。

 

無人契約機

無人契約機もだいたい夜の9時か10時まで営業していますから、カードが発行できればその場のATMかコンビニなどのATMでキャッシングできます。

 

プロミスなら三井住友銀行のローン契約機(営業は夜21時まで)でもカードの受け取りが可能です。

 

振込キャッシング

また、24時間振込対応可能な銀行口座を持っていれば登録することにより、瞬時に振込キャッシングが可能です。

 

プロミスであれば三井住友銀行かジャパンネット銀行、アコムなら楽天銀行になります。

 

在籍確認

ただ、カードローンの審査には会社への在籍確認が必要となります。

 

通常の在籍確認は職場への電話確認によって行われますが、本人が職場にいて電話を取る必要はないものの、夜に職場の電話を取る人がいなければ在籍確認ができないため審査は翌日以降になるかもしれません。

 

しかしプロミスなら、ネットからの申込で給与明細などの書類によって在籍確認ができるメニューがありますので、夜にお金を借りることができる可能性は高いです。

 

いかがでしょう?夜の8時に申し込んでお金を借りる方法はお分かりいただけたかと思います。

 

中でもプロミスは申込フォームに「書面での在籍確認(※)」というのがあるので、審査がスムーズな上に、会社に電話を掛けられる心配も少ないので安心して申し込むことができますね。^^
(※希望に添えない場合があります)

 

夜でもお金を借りることができた男性

夜にお金を借りる必要がある時

急なお誘い!キャッシングで乗り切った

転職したてでお給料日まであと5日もあるのにお財布の中が小銭しかなくなってしまったことがありました。

 

週末の休みはどこへも遊びに行かずに部屋でテレビでも見て過ごそうと考えていたのですが、土曜日の夜に、前に勤めていた会社の同僚から「日曜日に遊びに行かない?」とのお誘いがきました。

 

夜にお金を借りる理由は友人からの急な誘い

正直、金銭的に遊びに行っている状況ではありませんでしたが、仲の良い同僚だったので、久しぶりに会って色々話したいな、という気持ちが盛り上がってしまいました。

 

前の職場の話もしたいし、今働いている会社の愚痴も聞いてもらいたいし、楽しく食事をして、転職してからのストレスを発散させたいなぁ、と思い「遊びに行こう!」と返信してしまいました。

 

返信してから、お金もないのにどうしたらいいんだろう、と悩んでしまいました。

 

遠方に住む親から借りるわけにもいかないし、もちろん元同僚に奢ってもらうわけにもいかないし、どうしたらいいんだろう、と思い悩みましたが、キャッシングを申し込むことを思い出しました。

 

10万円くらいなら利息もなんとかなると考え、思い切ってキャッシングしてみることにしました。

 

初めてのキャッシングで緊張しましたが、夜に申し込んでもコンビニのATMから簡単にお金を借りることが出来てびっくりしました。

 

おかげで元同僚と楽しく食事することができて助かりました。

 

お給料が出てすぐに返済しましたが、これからはしっかりお金を貯めて、ゆとり資金で遊びに行けるようにしていくつもりです。

 

出掛ける当日になり、まさかの金欠で大慌て!

毎回という訳でもないのですが、休日になれば友人と一緒に遊びに出掛ける時はあります。

 

もちろん早めに分かっていればその為にお金を残して、毎日待ち遠しい気分で過ごすのが当たり前であり、当日になりお金がないなんて事はありません。

 

そう、そんな事ありませんなのですが・・・何度かお金がなかった時があったのです。

 

予定を忘れて夜にお金を借りることに・・・

その理由は単純で前日に使用しているという事、休日の予定を忘れてしまい前日に遊んでしまい結果としてお金が無くなったというパターン。

 

もう一つは、前日に緊急事態になり急な出費があったという時で、その時はタイヤのパンクだったと思います。

 

どちらも悪気などある訳もなく、不注意であったり単なるトラブルですが、それでも休日の約束の事を考えると憂鬱になってしまうものです。

 

そんな時どうするのかといえば、それはもちろん夜にお金を借りるという行動にでます。

 

焦る気持ちを必死に抑え、さて誰に借りようかという段階から考えます。

 

まず遊びに行く友人だってお金を必要としていますから、その友人にはお金を借りる事ができません。

 

すぐに別の友人に電話しお金お借りるのですが、それが夜であれ朝であれ緊急ですから申し訳ない気持ち一杯の状態でお願いします。

 

そんな大金でなければ、友人は心地よく貸してくれます。

 

それはもちろんちゃんと返すからであり、そのような実績があるからでしょう。

 

今後も同じような事を繰り返さないようにしたいと思いますが、どうしても緊急はありますので良い友人関係を維持していきたいと思います。